お知らせ 2024年9月1日よりconnpassサービスサイトへのスクレイピングを禁止とし、利用規約に禁止事項として明記します。
9月1日以降のconnpassの情報取得につきましては イベントサーチAPI の利用をご検討ください。

お知らせ connpassではさらなる価値のあるデータを提供するため、イベントサーチAPIの提供方法の見直しを決定しました。2024年5月23日(木)より 「企業・法人」「コミュニティ及び個人」向けの2プランを提供開始いたします。ご利用にあたっては利用申請及び審査がございます。詳細はヘルプページをご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

May

24

【増枠】layerx.go #0

LayerX主催の"実践的な"Go言語の勉強会です!

Organizing : LayerX

【増枠】layerx.go #0
Hashtag :#layerxgo
Registration info

参加枠

Free

FCFS
446/600

公募LT枠

Free

FCFS
2/2

Attendees
Kimoto-Norihiro
SE
れあ
Fuuma
torii
hhiroki1423
KoseiSasaki
shiro
Yokokawa Taiki
yuuis
View Attendee List
Start Date
2024/05/24(Fri) 19:00 ~ 20:00
Registration Period

2024/04/23(Tue) 12:00 〜
2024/05/24(Fri) 20:00まで

Location

オンライン

参加者への情報
(参加者と発表者のみに公開されます)
出席登録
(イベント開始時間の2時間前から終了時間まで、参加者のみに公開されます)

Description

概要

LayerXでは、バクラク事業部で開発・運用しているバクラクをはじめ、ほか事業部が開発しているほとんどのサービスでGo言語を利用しています。また、2023年の夏頃からは「Go 読書会」を社内の有志にて開催しており、組織横断的にGoの知見を交換しています。

本イベント「layerx.go」では、LayerXのGo言語の"実践的な"活用事例を共有するだけでなく、社外の方からの知見も積極的に取り入れる場として位置付けています。LayerXの行動指針"Bet Technology"と"徳"の観点から、本イベントを継続的に開催することでGo言語の裾野を広げていきたいと考えています。

初回のテーマは「Goの情報収集や知見の共有活動 / Goのプロダクトコードのキャッチアップ」です!

  • 日時:5月24日(金)19:00〜20:00
  • 開催形態:オンライン

こういう方におすすめ!

  • Go言語を普段から扱っているソフトウェアエンジニア
  • Webアプリケーションを開発しているソフトウェアエンジニア

タイムテーブル

時間 内容 発表者
19:00 オープニング
19:05~19:15 LayerX 社内で行われている Go 読書会のご紹介 @upamune
19:15-19:25 Goのライブラリのバグを見つけてから直すまで @tapioca_pudd
19:25~19:35 GoのWebプロダクトに途中参加するときのキャッチアップ @budougumi0617
19:35~19:45 公式ドキュメントを読もう @tenntenn
19:45~19:55 github.com/golang/go のissueを検索する @songmu
19:55-20:00 アンケートご回答・クロージング

登壇者

upamune @upamune

upamune

株式会社LayerX バクラク事業部 バクラク申請・経費精算チーム TechLead

テックリードをやっています。最近キラキラシールを作ったんですが、失敗しました。趣味でマヂカル.fmというPodcastもやっています。

北岡 知晃 @tapioca_pudd

tapioca_pudd

株式会社LayerX バクラク事業部 機械学習チーム ソフトウェアエンジニア

学生時代より複数のスタートアップの開発に携わり、2019年よりLayerXに参画。バクラクのリリース初期から開発に携わる。

清水 陽一郎 @budougumi0617

budougumi0617

株式会社LayerX バクラク事業部 カード開発グループ Software Engineer/TechLead

2023年3月LayerX入社。2024年4月よりバクラクビジネスカード開発チームのTechLead。一般社団法人Gophers Japan理事。 Go言語に触れたのは2016年から。2017年より業務でも利用。

著書に「詳解Go言語Webアプリケーション開発」(2022年7月発売)。2024年2月から韓国語版も発売中。

tenntenn @tenntenn

tenntenn

株式会社ナレッジワーク

バックエンドエンジニアとして日々Goを書いている。Google Developers Expert (Go)。一般社団法人Gophers Japan代表。大学時代にGoに出会い、それ以来のめり込む。人類をGopherにしたいと考え、Goの普及に取り組んでいる。複数社でGoに関する技術アドバイザーをしている。マスコットのGopherの絵を描くのも好き。

松木 雅幸 (Songmu) @songmu

songmu

株式会社ヘンリー VP of Engineering

Webアプリケーションのコード開発だけでなく、クラウド・インフラ技術に精通したソフトウェアエンジニアであり、ISUCONに過去3度優勝するなど、インフラを意識して信頼性の高いWebアプリケーションコードを高速に書くことを得意とする。 プロダクトマネージャーやCTO経験から、事業においてアジャイルに顧客に価値を届けることにもこだわりを持ち、フルサイクル志向でプロダクトチームを運営することを由とする。OSS活動も活発におこなっており、GoやPerlを中心に200個以上のツールやモジュールをGitHub上に公開している。それも含め、Blog 等での発信力にも大きな強みを持つ。著書に「みんなのGo言語」(共著) 等。

行動規範・プライバシーポリシー

本イベントへのお申し込みをもって、行動規範・プライバシーポリシーへ同意いただいたものとみなします。あらかじめご了承のうえ、お申し込みください。

行動規範

※困ったことなどありましたら、当イベントページの「イベントへのお問い合わせ」 までご連絡ください。

プライバシーポリシー

※ご提供いただいた個人情報は、イベントの運営・管理、イベントの改善又は新規企画のための分析、登壇参加社の採用情報等のご案内で利用いたします。

発表者

Feed

budougumi0617

budougumi0617さんが資料をアップしました。

05/29/2024 07:34

budougumi0617

budougumi0617さんが資料をアップしました。

05/29/2024 07:33

budougumi0617

budougumi0617さんが資料をアップしました。

05/29/2024 07:32

budougumi0617

budougumi0617さんが資料をアップしました。

05/29/2024 07:31

budougumi0617

budougumi0617さんが資料をアップしました。

05/29/2024 07:31

serima

serima published 【増枠】layerx.go #0.

04/23/2024 09:10

layerx.go #0 を公開しました!

Ended

2024/05/24(Fri)

19:00
20:00

Registration Period
2024/04/23(Tue) 12:00 〜
2024/05/24(Fri) 20:00

Location

オンライン

オンライン

Attendees(448)

Kimoto-Norihiro

Kimoto-Norihiro

layerx.go #0 に参加を申し込みました!

SE

SE

layerx.go #0 に参加を申し込みました!

れあ

れあ

layerx.go #0 に参加を申し込みました!

Fuuma

Fuuma

layerx.go #0 に参加を申し込みました!

torii

torii

layerx.go #0 に参加を申し込みました!

hhiroki1423

hhiroki1423

layerx.go #0 に参加を申し込みました!

KoseiSasaki

KoseiSasaki

layerx.go #0 に参加を申し込みました!

shiro

shiro

layerx.go #0 に参加を申し込みました!

Yokokawa Taiki

Yokokawa Taiki

layerx.go #0 に参加を申し込みました!

yuuis

yuuis

I joined layerx.go #0!

Attendees (448)

Canceled (18)