新機能 イベントメッセージの予約機能を追加しました。イベント主催者様は、参加者へのメッセージ送信を事前に予約できます。詳しくはこちらをご確認ください。

新機能 イベント詳細画面に「参加者への情報」欄を追加しました。イベント管理者、発表者、参加者(抽選中や補欠は除く)だけに表示されるフィールドです。詳しくはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

Oct

2

(リスケ)Building Secure and Reliable Systems輪読会 #6

#read_srs #security #sre

Organizing : ken5scal

Hashtag :#read_srs
Registration info

参加枠1

Free

FCFS
16/100

参加者への情報
(参加者と発表者のみに公開されます)

Description

発表者募集中です! 連絡はtwitterで@ken5scal か kengoscal@gmail.com まで

勉強会の概要

GoogleのSRE本の第三弾である「Building Secure and Relaible Systems」の輪読会を開催します。 様々なポイントでサイバーセキュリティは重要になっています。セキュリティが破られた(Compromised)際には、信頼性の喪失にも繋がるため、同様にSRE的な観点でも考慮が必要でしょう。 技術から文化や実装から脅威の特定といった様々な切り口で書かれた本書は、その手助けになるでしょう。 こういった内容は特定の組織に限った話しではなく、広く共通する内容になるため、ぜひ輪読しましょう。

対象者

  • SREに携わっている方
  • Securityに携わっている方
  • 本書に興味のある方

諸注意

昨今の状況により、イベントの運営はすべてオンライン上で行います。配信URLおよび質問受付方法は追って当イベントページまたはconnpassメール経由で連絡します。

タイムテーブル(仮)

時間 内容
12:25 受付開始
12:30 Opening
12:33 ch9:Design for Recovery by ken5scal
12:58~13:03 休憩 (5min)
13:03 ~13:28 ch10: Mitigating DoS Attack by chaspy
13:30ごろ 終了

行動規範について

当イベントは、参加者と知見を共有しあうするための場です。そのため、主催者を含む全ての参加者は下記ページに記載される行動規範に同意していただく必要があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

https://about.mercari.com/event-code-of-conduct/

参加方法

どなたでも参加可能です。

過去の資料

ch タイトル 資料
ch1 The Intersection of Security and Reliability https://docs.google.com/presentation/u/1/d/1aYw3xqbPQDmy6Up72Y7O_VCFRyoKogaFBwMd1H54oiM/edit#slide=id.gc6f73a04f_0_0
ch2 Designing Systems https://docs.google.com/presentation/u/1/d/1aYw3xqbPQDmy6Up72Y7O_VCFRyoKogaFBwMd1H54oiM/edit#slide=id.gc6f73a04f_0_0
ch3-4 Case Study: Safe Profies, Design Tradeoffs https://www.slideshare.net/KeikoItakura1/building-secure-and-reliable-systems-3-4
ch5 Designing for Least Privilege https://docs.google.com/presentation/d/1ga3_L0HkYQpLQ2jel9j5oKqLGL6X_fRDUzuZmWoqits/edit?usp=sharing
ch6 Design for understandability https://hackmd.io/owB4LolAS6OMhQDsSvSjdQ?view
ch7 Design for a Changing Landscape https://docs.google.com/presentation/d/1lE81izYrm9QeU1tXbkJV5mUf8nBHHjkoXDhMqOddDL0/edit?usp=sharing
ch8 Design for Resiliency https://docs.google.com/presentation/d/1sjYlFa4Kw5IYRJDnfgGQJHUm7K6MI8hrNmFleCVTnIM/edit#slide=id.g92684bad42_0_127
ch9 Design for Recovery https://scrapbox.io/info-gathering-public/Design_for_Recovery 
ch10 Mitigating Denial-of-Service Attacks https://hackmd.io/BfdgOpSmTR6VpCwRgkJzlg 
ch17 Crisis Management https://docs.google.com/presentation/d/1BsUF7JmZK-8xWIjXuXRnbzxRdmKzPBkbPDT0RibtbC0/edit#slide=id.g8f661b1081_1_86

Feed

chaspy

chaspyさんが資料をアップしました。

10/02/2020 12:24

ken5scal

ken5scal published (リスケ)Building Secure and Reliable Systems輪読会 #6.

09/08/2020 23:54

Building Secure and Reliable Systems輪読会 #6 を公開しました!

Group

LayerX

Number of events 9

Members 205

Ended

2020/10/02(Fri)

12:30
13:30

You cannot RSVP if you are already participating in another event at the same date.

Registration Period
2020/09/09(Wed) 00:00 〜
2020/10/02(Fri) 13:30

Location

(場所未定)

Attendees(16)

chaspy

chaspy

Building Secure and Reliable Systems輪読会 #6 に参加を申し込みました!

sogaoh

sogaoh

Building Secure and Reliable Systems輪読会 #6 に参加を申し込みました!

nrhide

nrhide

I joined Building Secure and Reliable Systems輪読会 #6!

tjj510

tjj510

Building Secure and Reliable Systems輪読会 #6に参加を申し込みました!

tsukarata

tsukarata

Building Secure and Reliable Systems輪読会 #6 に参加を申し込みました!

aibou

aibou

Building Secure and Reliable Systems輪読会 #6に参加を申し込みました!

hiyosi

hiyosi

Building Secure and Reliable Systems輪読会 #6 に参加を申し込みました!

yoshis

yoshis

Building Secure and Reliable Systems輪読会 #6に参加を申し込みました!

shin s

shin s

Building Secure and Reliable Systems輪読会 #6に参加を申し込みました!

jmayuzumi

jmayuzumi

Building Secure and Reliable Systems輪読会 #6に参加を申し込みました!

Attendees (16)